ジョブ終了時に任意のターミナルコマンドを実行可能です。
RapidCopyの動作の全てをコマンドラインから制御可能です。シェルスクリプトによる実行や自社のバックアップタスクに「高速差分ベリファイコピーエンジン」として利用可能です。
RapidCopyの現在のコピー設定を複数「保存」可能。 プリセットとして読み出せます。繰り返しの定形作業に非常に便利です。
「コピー元」「コピー先」のパスが履歴として簡単に読み出せます。履歴数は任意に設定可能です。   ※ 標準では「10」に設定されてます
パス履歴
複数ウィンドウ対応
「コマンド+N」ショートカットでスピーディーに複数ウィンドウが起動します。 標準設定ではコピーはウィンドウ毎に処理されます。「今すぐ実行」をクリックすれば同時に実行も可能です。
「コピー元」「コピー先」のパスを直接編集可能です。パスのメモをテキストとしてペースト可能になります。 選択箇所を「テキストクリッピング」することも可能です。
コマンドラインモード(CLI)
パスの直接編集
ジョブ機能
終了時にコマンド実行
「コピー元」「コピー先」のパスを直接編集可能です。パスのメモをテキストとしてペースト可能になります。選択箇所を「テキストクリッピング」することも可能です。
RapidCopyの現在のコピー設定を複数「保存」可能。プリセットとして読み出せます。繰り返しの定形作業に非常に便利です。
〜業務をサポートするプロフェッショナルパッケージ〜
「RapidCopy Pro」と複数ウィンドウ実行、”パス”の直接編集に対応した「RapidList Pro」 LTO LTFSユーティリティー「LTFS Quick Tools」のアプリケーション集
RapidCopy
RapidCopyの動作の全てをコマンドラインから制御可能です。シェルスクリプトによる実行や自社のバックアップタスクに 「高速差分ベリファイコピーエンジン」として利用可能です
RapidCopyPro
コピーバッチ処理をスクリプトを組むことなく、画面上で実現できる機能です。 リストの上から順にコピージョブを実行可能です。ジョブはドラッグ&ドロップで自由に順番を入れ替え可能です。 複数のジョブリストを管理でき、コマンドラインモードでジョブリストを読み出すことも可能です。
Mac Appストア 新しいウインドウを開く(コマンド+N) コピー元・コピー先パスの履歴保存/パスの直接編集 ジョブ機能 (コピー設定をプリセットとして複数保存) ジョブリスト機能 (複数ジョブのバッチ処理) シンボリックリンク先をコピー CLI (コマンドラインモード) 終了時処理での任意コマンド実行 詳細ログのCSV出力
[RapidCopySuite]にバンドル
ジョブリスト機能
「Pro版」には業務用途に必要な高度な機能が盛り込まれています。 大量かつ複雑なファイルコピー作業を効率化します。
問い合わせ・購入
English page
「コマンド+N」ショートカットでスピーディーに複数ウィンドウが起動します。 標準設定ではコピーはウィンドウ毎に「順次」処理されます。「今すぐ実行」をクリックすれば同時に実行も可能です。
◯ X X X X X X X X
詳細ファイルログの内容をcsvファイルとして出力します。 LibreOfficeやNumbersなどで同データを読み込み、xlsに変換することでコピー結果リストを xls形式で扱えるようにしました。チェックサム付きの納品用ファイルリストとしてご活用頂けます。
[RapidCopySuite]
“RapidCopyPro” 機能比較
詳細ログの「.csv」形式出力機能
X ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯ ◯
TIPS
Technical Manual
RapidCopy
Support BBS
RapidCopy Suite
RapidCopyPro
コピーバッチ処理をスクリプトを組むことなく、画面上で実現できる機能です。リストの上から順にコピージョブを実行可能です。ジョブはドラッグ&ドロップで自由に順番を入れ替え可能です。 複数のジョブリストを管理でき、コマンドラインモードでジョブリストを読み出すことも可能です。
「コマンド+N」ショートカットでスピーディーに複数ウィンドウが起動します。標準設定ではコピーはウィンドウ毎に「順次」処理されます。「今すぐ実行」をクリックすれば同時に実行も可能です。
「RapidCopy Pro」と 複数ウィンドウ実行、”パス”の直接編集に対応した 「RapidList Pro」 LTO LTFSユーティリティー「LTFS Quick Tools」のアプリケーション集
お問い合わせ