ハッシュアルゴリズム
LTOアーカイブ
TIPS
ファイルはドラッグ&ドロップで簡単指定 各種操作もシンプル!
Support BBS
カスタマイズ可能なLog機能
簡単操作
「Pro版」には業務用途に必要な高度な機能が盛り込まれています。 大量かつ複雑なファイルコピー作業を効率化します。
RapidCopyPro
高速
English page
問い合わせ・購入
伝統的な[MD5]アルゴリズムの他に[SHA1],[SHA-3]も選択可能。高速で低負荷の最新のアルゴリズム[xxHash]も搭載。MacBookAir等の環境でも低負荷でベリファイコピーが可能です。
差分コピー
Appストア版では実現できなかったフル機能を搭載 !
LTFS高速アーカイブ
低速になりがちなLTFSへのファイルコピーを高速化。理論値に近い速度で動作し、 ベリファイONでも高速に処理可能です。LTFSで扱えない文字は自動的にアンダーバーで置き換え、エラーを回避します。
ファイルはドラッグ&ドロップで簡単指定 「ファイルダイアログ」からも複数ファイル選択が可能です。
ACLやEA(Extended Attribute)のロギングも設定可能。Job毎に1Logを生成可能です。簡易的なファイル納品証明書としても
シンプル
フィルタ機能
差分コピーだけでも3種類のモードを搭載。 削除や移動、同期(クローン)も高速に 動作します。
速度コントロール
Pro版の詳細へ
大量ファイルでも軽快
可変GUI
OSのキャッシュを使用しない高速で安定したファイルコピー。大量のファイルでも軽快に動作動作します。
事前シミュレーション
多彩な動作モード
終了時設定
HDDモード
GUIウィンドウを広げることによりコピー元やコピー先のパス記述の視認性を確保。ドラッグ&ドロップによりパスのリストをメモとして「テキストクリッピング」で保存可能です。
差分コピーや同期を実行する前に動作を事前にシミュレーション可能。 「リストアップ」ボタンで確認可能です。
ワイルドカード記述でファイル名の特定文字列にマッチしたファイルのみをコピー可能です。日付、ファイルサイズ、除外設定も可能です。
コピー動作中に動作速度を調整可能です。  巨大ファイルのコピー中でも一時停止が可能です。
Job終了時に多様な警告音を選択可能。 任意のメールアドレスにJobログを送信可能。
コピー元とコピー先を判別し同じHDD内もしくは別HDDかを検知し最適なコピー動作を実現。
HDDやSSD、LTFSのファイル・フォルダ構造を高速にリスト化して 「テキスト形式」「CSV形式」として書き出すことができます。一般的な形式なので長期アーカイブ用のリスト作りに最適です。同時に「ハッシュ値」を追加で算出することも可能です。
破損チェック
動作ログ
ファイルコピーが破損なくコピー出来たかを チェックする「ベリファイコピー」に対応 OSでは検知できないデータ化けをチェックできます
Free!!
LTO-5から対応したオープンフォーマット 「LTFS」に対応しました。 コピー&ベリファイを高速に処理します
ファイルコピーの詳細な動作LOGを出力可能 日付/時刻/ファイルパス/ハッシュ値に対応。 簡易LOGをEメールで送信可能です。
RapidCopy
更新日付やサイズを元にした 高速な「差分コピー」 「必要な分だけ」を高速にコピーします
高速で安定したファイルコピー エラーファイルを無視してコピー続行
RapidCopy Suite
LTFSのフォーマット、マウント、リカバリ等を簡単に設定できる無料のツールです。難解なコマンド操作は不要です! IBM,HP,mTapeなどのLTOドライブで動作します。
Technical Manual
複数のコピーを同時に実行するための無料ユーティリティー [RC Multi Launcher]を無償で公開中です!
「Pro版」の機能「マルチウィンドウ」機能をAppストア版でも!
〜ファイルアーカイブをサポートするユーティリティ〜
ファイルはドラッグ&ドロップで簡単指定 「ファイルダイアログ」からも複数ファイル選択が可能です。
Pro版の機能「マルチウィンドウ」機能を Appストア版でも!
コピー元とコピー先を判別し同じHDD内もしくは 別HDDかを検知し最適なコピー動作を実現。
Pro版には業務用途に必要な高度な機能が 盛り込まれています。 大量かつ複雑なファイルコピー作業を効率化します。
Mac OSX対応 ベリファイ差分ファイルコピーアプリ
お問い合わせ
HDDやSSD、LTFSのファイル・フォルダ構造を高速にリスト化して「テキスト形式」「CSV形式」として書き出すことができます。 一般的な形式なので長期アーカイブ用のリスト作りに最適です。 同時に「ハッシュ値」を追加で算出することも可能です。
差分コピーや同期を実行する前に動作を事前に シミュレーション可能。 「リストアップ」ボタンをクリックして下さい。
GUIウィンドウを広げることによりコピー元やコピー先のパス記述の視認性を確保。ドラッグ&ドロップによりパスのリストをメモとして「テキストクリッピング」で保存可能です。
低速になりがちなLTFSへのファイルコピーを高速化。理論値に近い速度で動作し、 ベリファイONでも高速に処理可能です。
「ファイルコピー」にこだわった 豊富な機能
複数のコピーを同時に実行するための 無料ユーティリティー [RC Multi Launcher]を無償で公開中です!